矯正ブログOrthodontics BLOG

インビザラインGoで前歯だけ矯正。治療の流れや費用を解説

カテゴリー: マウスピース矯正

こんにちは!船橋市のタワーサイド歯科室歯列矯正、歯科衛生士の田中です。矯正治療は受けてみたいけれど、装置が目立つのが嫌、治療期間が長すぎる、費用が高い、などの理由でなかなか一歩踏み出せない方も多いことでしょう。

特に、前歯の歯並びだけ気になっているケースでは、数年の治療期間や100万円前後の費用を支払うのに抵抗を感じることがあるかもしれません。そこで候補に挙がるのが前歯だけを矯正する「インビザラインGo(ゴー)」という矯正システムです。

インビザラインGoとは?

「インビザラインGo」とは、マウスピース型矯正装置の代名詞ともいえる「インビザライン」の部分矯正バージョンです。

大きな違いは、「インビザライン」は矯正歯科医が扱うものですが、「インビザラインGo」は虫歯治療などを行ってくれる歯医者さんが扱うシステムです。

そのため「インビザライン」では、前歯から奥歯まですべての歯が矯正の対象ですが、「インビザラインGo」は前歯のみの治療となります。

さらに、矯正歯科医が扱う「インビザライン」にもいくつか種類があり、前歯~小臼歯だけを動かす「インビザライン・エクスプレスパッケージ」というものもあります。

前歯のこんな悩みを解決できます

インビザラインGoでは、次に挙げるような前歯の悩み・問題・歯並びの異常を解決できることがあります。ただし、しっかりとした診断のもとに行わないと、後に挙げるデメリットが生じます。

前歯の歯並びが凸凹(デコボコ)

前歯の歯並びが凸凹である「叢生(そうせい)」あるいは「乱ぐい歯」は、インビザラインGoで改善できます。前歯の凸凹は、最も目立ちやすい歯並びの乱れでもあるため、ここを前歯だけの部分矯正で治せないかとご質問される患者さんはたくさんおいでになります。

前歯と前歯の間に不自然な隙間がある

歯と歯の間に、不自然な隙間がある状態を「空隙歯列(くうげきしれつ)」といいます。いわゆる“すきっ歯”ですね。とりわけ上の前歯の真ん中に隙間があるケースを「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼んでいます。

前歯と前歯の間の隙間は、息漏れによって発音障害を招いたり、見た目が悪くなったりするなどのデメリットがあり、改善を希望される方が多くいらっしゃいます。

前歯のサイズが大きい

前歯のサイズが大きいことで悩んでいる方も少なくありません。前歯が大きいと出っ歯の症状が出ることがあります。見た目があまり良くないとして、矯正治療を受ける動機ともなりやすいです。

前歯のサイズが絶対的に大きいケースでは、歯を削らざるを得ないことがありますが、隣の歯よりも外側に並んでいることで目立っている場合には、歯列矯正で歯並びを整えることで大きいことを目立ちにくくすることができます。

インビザラインGoで前歯のみ治療する方法

インビザラインGoで前歯のみ治療する方法は、基本的にインビザラインと同じです。

透明なポリウレタン製のアライナーを使用する

インビザラインGoでも、通常のインビザラインと同じアライナー(マウスピース)を使用します。ポリウレタン製の透明なマウスピースを装着して、徐々に歯を移動させます。前歯のみの治療だからといって、装置の形が大きく変わることはありません。

食事や歯磨きの時に取り外せる

前歯のみを治療するインビザラインGoでも、食事と歯磨きの際にマウスピースを取り外せるメリットは変わりません。治療を開始する前と同じように食事が楽しめ、ワイヤー矯正のように歯磨きの時に装置が邪魔になることもありません。

インビザラインGoのメリット

前歯のみを並べるインビザラインGoは、すべての歯を矯正するインビザラインとはいくつかの点で異なります。

治療にかかる費用が安い

インビザラインGoは、通常のインビザラインの約半額で治療を受けることができます。歯科医院によって異なりますが、おおよそ50万円程度です。

治療期間が短い

インビザラインGoによる前歯のみの矯正は、約7ヶ月で治療が完了します。アライナーの枚数に換算すると20枚程度です。

一般的な矯正治療は1~3年の治療期間を要する点を踏まえると、前歯のみのインビザライン矯正がいかに短いかが分かるかと思います。後に触れるデメリットに関係しないという、きちんとした診断のもとに治療を受ければ、トラブルなくメリットを享受できます。

矯正に伴う痛みが少ない

インビザラインGoで動かす歯は前歯のみなので、自ずと治療に伴う痛みや不快感も少なくなります。インビザラインはもともと痛みの少ない矯正法なのですが、前歯のみを治療することで、痛みがさらに軽減されます。

最も気を付けたいインビザラインGoのデメリット

手軽で治療期間が短く、費用も安く治療が受けられる反面、特に注意しなくてはいけないのは次の2点です。

前歯の並びが出っ歯になることがある

前歯の凸凹した歯並びを治す場合、その凸凹は並ぶ場所が足りなかったために生じることがほとんどです。場所が足りない、言い換えると並べたい歯の方が場所をとってしまう場合には、歯並びを治すと治す前よりも前歯が必ず前方に移動します。

つまり、出っ歯になってしまうことがあるのです。このような場合にはインビザラインGoではなく、全顎を動かすインビザラインでの治療が必要となります。

空間を閉じられないことがある

上顎の前歯間にある隙間を閉じたいというご希望はよく承ります。この場合に問題となるのが、下顎の前歯の状態です。下顎の前歯間にも隙間がある場合には、上下両顎とも前歯間の隙間を減らしていくことができるでしょう。

しかし、下顎前歯間に隙間がなく、下顎前歯が上顎前歯の裏側としっかり咬んでいる場合には、上顎前歯間の隙間をインビザラインGoで閉じることができません。これを治すには前歯だけの矯正ではなく、全顎矯正治療が必要になります。

インビザラインGoの治療中によくある質問

インビザラインGoはインビザラインと同様の器具を使用します。ここでは一般的なインビザラインの治療中によく聞かれる質問にお答えします。

マウスピースの前歯の部分が外れない

インビザラインで用いる治療用のマウスピースをアライナーといいます。このアライナーは患者さんご自身で着脱していただきます。その際、前歯の部分が外れないなどのトラブルに見舞われることがあります。

意識していただきたいのが「奥歯から外す」という点です。マウスピースの奥歯の縁の部分に爪を引っ掛けて、前歯は最後に浮かせ、外します。順番が逆になると外れにくいので要注意です。

治療を開始する際にアライナーの付け方・外し方のコツを必ず練習しますので、慌てず、そのコツを思い出していただけると解決します。

アライナーが浮く

インビザラインを使用中に起きる現象として「アライナーが浮く」ことが挙げられます。アライナーが一部の歯にしっかり密着せず、隙間ができて浮いている状態になってしまうことです。この状態が続くと矯正力が正常に働きませんし、そもそも違和感や不快感が大きくなってしまうこともあります。

インビザラインが浮く場合は、とにかくアライナーの装着時間を20時間以上、可能なら22時間しっかり確保したうえで、担当医にご相談ください。

まとめ

インビザラインGoでおこなう前歯だけの矯正治療は、きちんとした診断のもとに行えば大変満足していただける方法です。ただし、ご希望される方全員にお勧めできる方法ではなく、症例を選ぶ治療法である点に注意が必要です。

従来のインビザラインと比べると費用が約半額で、治療期間も1年に満たない等、いろいろなメリットがあります。インビザラインGoが適応なのかどうか、関心のある方はお気軽にタワーサイド歯科室までご相談ください。お話を伺った上で最もお勧めできる矯正治療をご提案いたします。

The following two tabs change content below.
歯科衛生士 田中

歯科衛生士 田中

身体を動かす事、美味しい物を食べる事が好きです!元気に毎日を過ごす為には、お口の環境が非常に重要です。皆様の健康を守るよう努めて参ります。よろしくお願いします。

矯正治療に関することを
LINEでご相談いただけます。

LINE矯正相談